【Googleアドセンス】ads.txtに関する警告の解決方法を紹介!

IT&ブログ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

※当ブログでは、記事内に広告を含む場合があります。

Googleアドセンスの審査に合格して、いよいよ広告を貼り付けようとした時、自分のアドセンス管理画面ページに行ってみるとこんな警告メッセージがあったりします。

「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」

「要注意」なんて書かれているし、すぐにでも修正した方が良さそうですよね。
というわけで今回はこの表記の修正方法を説明します。

この記事はこんな人におススメ!
・Googleアドセンス管理画面に表示されるads.txtファイルの問題を修正したい方
・ads.txtの警告がどういうものか知りたい方
 
りんね☆
りんね☆

修正方法はとっても簡単です。ぜひ一緒にやってみてくださいね。

この記事を開いては見たものの、そもそもまだGoogleアドセンスの審査に合格できていない…という方は是非下の記事もご覧ください。

私のWebサイトがConoHaのレンタルサーバーを使用している関係上、この記事ではConohaサーバーをメインで解説しております。
しかし、別サーバーを使用していても同様に設定できるようにも解説しておりますので、ぜひご覧頂き、参考にして頂ければと思います。

ads.txtとは

広告枠を偽装して不正なインプレッション等を発生させる人が存在したため、そんな人たちから広告主を守るためにads.txtが導入され始めました。

このads.txtファイルを設定することで、自分のサイトがGoogleアドセンスの審査を正しく通過したサイトだと証明ができ、広告枠が自分の知らない場所で使われてしまうことを事前に防ぐことができます。
りんね☆
りんね☆

勝手に変なサイトに自分の広告枠を使われた結果、ポリシー違反を受けて広告配信が停止になったら嫌ですもんね。
簡単に設定できますので、ぜひやっておきましょう。

設定手順!

設定に必要なステップはたったの2つだけです。
最後には問題なく設定できているかの確認もしましょう。

①ads.txtファイルを作成
②サーバーにアップロード
③ads.txtファイルのアップロードを確認

それぞれ順番に見ていきます。

ads.txtファイルを作成

まずは、ads.txtファイルを作ります。

メモ帳などのテキストエディタを用意し、「google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0」と入力しておきましょう。

次にGoogleアドセンスを開き「アカウント」→「設定」→「アカウント情報」からパブリッシャーIDをコピーします。

テキストエディタに入力した「pub-0000000000000000」の部分を、自分のパブリッシャーIDに書き換えたら「ads.txt」の名前で保存します。

りんね☆
りんね☆

まずはこれでads.txtファイルは完成です。
簡単ですね。

サーバーにアップロード

次にads.txtファイルをサーバーにアップロードします。

りんね☆
りんね☆

皆さんがレンタルしているサーバーによっては作業が簡単になる可能性があります。

ここでは私が活用しているConoHa WINGの場合とそれ以外の場合についてそれぞれ設定方法を説明します。

ConoHa WINGの場合

まずは私のブログで使用しているConoHa WINGの場合の設定方法を説明します。

最初に、コントロールパネルへログインし、上部メニューの「WING」をクリックします。
次に「①サイト管理」→「②サイト設定」→「③応用設定」→「④ads.txt設定」の順でクリックしていきましょう。

直接編集の項目の右側にある「⑤編集ボタンをクリック」すると、ads.txtを記載できる場所が編集可能になります。
先ほどメモ帳に保存しておいた内容をこちらに直接貼り付けて、最後に保存ボタンを押すことで作業は完了となります。

りんね☆
りんね☆

エックスサーバーでも同じように簡単に設定できるようです。
設定方法はこちらをご覧ください。

ConoHa WING以外のサーバーの場合

まずは自分のWebサイトのサーバーから「ファイルマネージャー」を開きます。
次に、サイトの独自ドメインの書かれたフォルダから「public_html」フォルダを開きます。

りんね☆
りんね☆

サーバーによっては、「public_html」の下にサイトの独自ドメインフォルダがあるかもしれません。
この場合は独自ドメインフォルダを開きましょう。

ここで、最初にメモ帳に保存しておいた「ads.txt」ファイルを選択しアップロードします。

下の画像はConoHa WINGからサーバーにアップロードした際の例ですが、他のサーバーでも同様に可能です。

ads.txtファイルのアップロードを確認

最後にads.txtファイルがしっかりアップロードできているかを確認します。

URL「https://サイトURL/ads.txt」を打ち込んで検索してみましょう。
下記のように、設定した項目が問題なく表示されていればOKです。

りんね☆
りんね☆

もし表示されていなければ、ads.txtファイルの置いた場所にミスがある可能性がありますので、見直してみましょう。

反映されるまでの時間

Googleアドセンスがads.txtファイルを認識してくれるまでには1~2日ほどかかります。
しばらくは警告が出続けますがそのうち出てこなくなりますので、エラーが解消されるのをゆっくりお待ちください。

りんね☆
りんね☆

ちなみに私は夜に修正して、翌日の夜に見てみると消えていました。

まとめ

この記事では、Googleアドセンスにおけるads.txtファイルの設定方法を説明しました。
同じように設定することで、アドセンスのページに表示される警告を消すことができます。

また今回は、私が使用しているConoHa WINGをメインでお話しています。
使用しているサーバーによって設定手順はそれぞれ異なりますが、どのサーバーであっても簡単に設定できるはずです。

広告設定の不正利用を防止するためにも設定した方が良い項目ですので、ぜひ皆さんご活用ください。

りんね☆のひとこと

りんね☆
りんね☆

必須ではないという声もあるこちらの項目ですが、不正利用でアドセンス違反をすると広告を貼ることができなくなります。
もしもの時のことを考えると設定すべき項目なのは間違いないでしょう。
サーバーにads.txtファイルをアップロードするのは少し手間取る人もいるかもしれませんが、ゆっくりと確実に設定していきましょうね。

この記事を書いた人↓

人生を楽しむ為に色々と挑戦中!
ブログに日々の成長記録を残していくことで自身の成長を確かめつつ,買ったものを記事にまとめることで、皆さんのお役に立てるような記事を書いていきます!

りんね☆をフォローする
IT&ブログ
スポンサーリンク
シェアする
りんね☆をフォローする
りんね☆ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました