「他の4xxの問題が原因でブロックされました」の対応について

IT&ブログ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

※当ブログでは、記事内に広告を含む場合があります。

サイトを運営していると、ある日突然、Google Search Consoleから下記のようなメールが来ることがあります。

りんね☆
りんね☆

「新しいページのインデックス登録の問題が検出されました」?
なら解決しなきゃ…!

でも「他の4xxの問題が原因でブロックされました」って何?

今回はそういった内容の連絡が来た際の対応・解決方法について簡単にまとめておきます。

この記事はこんな人におススメ!
「他の4xxの問題が原因でブロックされました」というメールが来た際の対応方法を知りたい方
 
りんね☆
りんね☆

先に結論だけ書いておきますが、私の場合は何もする必要はありませんでした。
今回この記事をご覧になった方も、何もしなくて良い方が多いかもしれません。

まずは確認!

Google Search Consoleから送られてきたメールに「ページのインデックス登録の問題を修正する」というクリックボタンがあるので、そこからGoogle Search Consoleに入ってみます。

すると、下記のような画面になっているのではないでしょうか?

今回問題となっているURLを確認してみましょう。
先ほどの画面から下の方にいくと、該当URLが書いています。
そのURLをクリックし、「URLを検査」をクリックしてみてください。

下記の画面となりましたよね?
そもそも今回の「ドメイン/wp-admin/admin-ajax.php」はWordPressのシステムページのURLです。
他の人に閲覧されるページではありませんので、そもそもインデックスされる必要はありません。

おそらく、上画像の参照元ページURLからアクセスした結果、ブロックされてしまい、そのことを伝えるための連絡が来たのでしょう。

りんね☆
りんね☆

システムページはそもそも公開しておらず、ブロックされることが正常なので、つまり何も問題はないということです。

まとめ

今回の場合ですと、Google Search Consoleが機械的にチェックしていった結果、エラーが検出されたと連絡してくれただけで、コンテンツ自体に何か問題があるわけではありません。

しばらくすると、バックグラウンドで このエラーは勝手に修正されます。
つまり、該当 URL(ドメイン/wp-admin/admin-ajax.php)のエラーはいつの間にか消えると思われます。
もし消えなかったとしても、今回のエラーの場合は何も問題ありませんので、気にせずサイトを運営していきましょう。

りんね☆のひとこと

りんね☆
りんね☆

「問題が検出された」という連絡が来たら、サイトの運営者としてはぜひとも解決したいですよね。
しかし、時々Google Search Console側のミスによる連絡もやってくるようです。

今回は何もしなくても問題ない内容ですが、場合によってはしっかり対応する必要があります。
今後も記事とサイト全体の品質向上に取り組みつつ、状況をよく見て冷静にトラブルへ対応していきましょう。

この記事を書いた人↓

人生を楽しむ為に色々と挑戦中!
ブログに日々の成長記録を残していくことで自身の成長を確かめつつ,買ったものを記事にまとめることで、皆さんのお役に立てるような記事を書いていきます!

りんね☆をフォローする
IT&ブログ
スポンサーリンク
シェアする
りんね☆をフォローする
りんね☆ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました